So-net無料ブログ作成

フレッシュハーブの活用法 [アロマ&ハーブ活用法・レシピ]

ママとこどものためのつくばアロマ教室「くらしアロマ」です。

フレッシュハーブの活用法


6月に入り、ますます新緑がきれいな季節になりました。

先日、個別レッスンで「はじめてのアロマテラピー講座」をしたのですが、レッスンの初めに
摘みたてのフレッシュレモンバーム+ドライハーブ(ローズ、ハイビスカスなど)
の、ブレンドハーブティをお出ししました。
すると、「最近レモンバームを植えたんです。こうやって使うといいんですね~!」と、とっても喜んでいただけました。
聞くと、他にもいろいろなハーブを育てはじめたとのこと。
せっかくなので、お料理に使う以外の、色々なフレッシュハーブの活用法をご紹介したいと思います。

花のように生ける


生け花のような花がなくても、フレッシュハーブだけでも、十分ステキなミニ花瓶ができます。
DSC08180.JPG

ハーブの種類はなんでもいいです。
空き瓶などのガラス容器に、水と一緒に挿すだけ。
写真の右二つの茶色の瓶は、精油と、植物オイルが入っていた瓶を再利用しています。

左から2つ目は、ドクダミの花。
ドクダミもこんな風にいれてあげると、なんだかかわいく見えてくるので不思議です。

おすすめは、洗面台に置くこと。
これからの季節、フレッシュハーブのミニ花瓶を置くだけで、ぐんと涼やかで清潔感ある空間になります。
洗面台.JPG

洗面台アップ.JPG


水に浮かべる、氷に閉じ込める


お客様が来たときに、麦茶の代わりに、こんなお水をお出しするのはいかがでしょう。
氷.JPG

右:水にフレッシュハーブを浮かせる。清涼感が増します。
左:氷を作るときに、一緒にフレッシュハーブ凍らせる。より涼し気!

ハーブビネガー、ハーブオイルにする


酢やオイルの中に、フレッシュハーブを漬け込んで香りを移す、という使い方もあります。
ビネガー&オイル.JPG

漬けてから3~4日後から使い始めます。
!酢やオイルからフレッシュハーブがでないように注意。カビの恐れあり!

ハーブオイルには、お好みで
■にんにく+粒こしょう
を入れてもいいです。

お料理に使ったり、魚や肉、サラダにかけたり、ハーブオイルは、塩を加えてパンなどに塗ってもおいしいです。

ハーブティとして飲む


はじめにもご紹介しましたが、ハーブティとして飲むのもおすすめです。
■ドライハーブの場合は、カップ一杯あたり、小さじ山盛り1杯
ですが、
フレッシュハーブの場合は、ドライより3~4倍の量
を目安に使います

バター、クリームチーズに混ぜ込む


フレッシュハーブを細かく刻み、柔らかめにしたバターやクリームチーズに混ぜ込むだけ。
お好みで、塩こしょうで味を整えます。
ハーブバター.JPG
料理に使ったり、パンやクラッカーにのせても。

お風呂に入れる


すくすくとたっぷり育った場合、ぜひお風呂にも入れてみてください。
長めに切ったフレッシュハーブを束ねて、湯舟に入れるだけ。
たっぷり使うと、とっても豪華で優雅な気持ちでお風呂に入れます。


-----
今の季節だけ楽しめるフレッシュハーブ
摘みたてだけに感じる香り。
工夫次第で、まだまだ活用法があると思います。
お気に入りを見つけて、フレッシュハーブも楽しんでみてください(^^)/

ご参加くださりありがとうございました。
またお待ちしております!

*************
つくばアロマ教室「くらしアロマ」
教室案内
講座メニュー

問合せ・お申込はこちらの入力フォームから(PC/スマホ用)
[メール]メールでもお受けしています(携帯はこちらから)
kurashi.aroma@gmail.com
************
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました