So-net無料ブログ作成
検索選択
アロマ&ハーブ活用法・レシピ ブログトップ
前の10件 | -

フレッシュハーブの活用法 [アロマ&ハーブ活用法・レシピ]

ママとこどものためのつくばアロマ教室「くらしアロマ」です。

フレッシュハーブの活用法


6月に入り、ますます新緑がきれいな季節になりました。

先日、個別レッスンで「はじめてのアロマテラピー講座」をしたのですが、レッスンの初めに
摘みたてのフレッシュレモンバーム+ドライハーブ(ローズ、ハイビスカスなど)
の、ブレンドハーブティをお出ししました。
すると、「最近レモンバームを植えたんです。こうやって使うといいんですね~!」と、とっても喜んでいただけました。
聞くと、他にもいろいろなハーブを育てはじめたとのこと。
せっかくなので、お料理に使う以外の、色々なフレッシュハーブの活用法をご紹介したいと思います。

花のように生ける


生け花のような花がなくても、フレッシュハーブだけでも、十分ステキなミニ花瓶ができます。
DSC08180.JPG

ハーブの種類はなんでもいいです。
空き瓶などのガラス容器に、水と一緒に挿すだけ。
写真の右二つの茶色の瓶は、精油と、植物オイルが入っていた瓶を再利用しています。

左から2つ目は、ドクダミの花。
ドクダミもこんな風にいれてあげると、なんだかかわいく見えてくるので不思議です。

おすすめは、洗面台に置くこと。
これからの季節、フレッシュハーブのミニ花瓶を置くだけで、ぐんと涼やかで清潔感ある空間になります。
洗面台.JPG

洗面台アップ.JPG


水に浮かべる、氷に閉じ込める


お客様が来たときに、麦茶の代わりに、こんなお水をお出しするのはいかがでしょう。
氷.JPG

右:水にフレッシュハーブを浮かせる。清涼感が増します。
左:氷を作るときに、一緒にフレッシュハーブ凍らせる。より涼し気!

ハーブビネガー、ハーブオイルにする


酢やオイルの中に、フレッシュハーブを漬け込んで香りを移す、という使い方もあります。
ビネガー&オイル.JPG

漬けてから3~4日後から使い始めます。
!酢やオイルからフレッシュハーブがでないように注意。カビの恐れあり!

ハーブオイルには、お好みで
■にんにく+粒こしょう
を入れてもいいです。

お料理に使ったり、魚や肉、サラダにかけたり、ハーブオイルは、塩を加えてパンなどに塗ってもおいしいです。

ハーブティとして飲む


はじめにもご紹介しましたが、ハーブティとして飲むのもおすすめです。
■ドライハーブの場合は、カップ一杯あたり、小さじ山盛り1杯
ですが、
フレッシュハーブの場合は、ドライより3~4倍の量
を目安に使います

バター、クリームチーズに混ぜ込む


フレッシュハーブを細かく刻み、柔らかめにしたバターやクリームチーズに混ぜ込むだけ。
お好みで、塩こしょうで味を整えます。
ハーブバター.JPG
料理に使ったり、パンやクラッカーにのせても。

お風呂に入れる


すくすくとたっぷり育った場合、ぜひお風呂にも入れてみてください。
長めに切ったフレッシュハーブを束ねて、湯舟に入れるだけ。
たっぷり使うと、とっても豪華で優雅な気持ちでお風呂に入れます。


-----
今の季節だけ楽しめるフレッシュハーブ
摘みたてだけに感じる香り。
工夫次第で、まだまだ活用法があると思います。
お気に入りを見つけて、フレッシュハーブも楽しんでみてください(^^)/

ご参加くださりありがとうございました。
またお待ちしております!

*************
つくばアロマ教室「くらしアロマ」
教室案内
講座メニュー

問合せ・お申込はこちらの入力フォームから(PC/スマホ用)
[メール]メールでもお受けしています(携帯はこちらから)
kurashi.aroma@gmail.com
************

5月おすすめハーブブレンド~ゼリー&ジャムレシピも [アロマ&ハーブ活用法・レシピ]

お子様と一緒でも、託児ありでもレッスンができる教室
つくばアロマ教室「くらしアロマ」です。

5月おすすめハーブブレンド~ゼリー&ジャムレシピ


先日の、自宅教室に来てくださった方々、3組とも小さなお子様連れでしたので、ハーブコーディアルで作った、寒天ゼリーをお出ししました。
*ハーブコーディアル・・ハーブを煮出して甘くしたシロップ
ゼリー.JPG

とっても喜んでくださったので、レシピのご紹介です。

5月は、4月からはじまった、慣れない新生活の疲れやストレスがたまる時期。
気温変化もあるので、体調も崩しやすいです。
そこで、5月のおすすめハーブは、「緊張や不安をやわらげ、気分を明るくしてくれる、そして、ビタミン豊富、疲労回復」を目的にブレンドしてみました。

ゼリーに使った、赤い色がとてもきれいなハーブコーディアルは、次のハーブを組み合わせて作りました。ハーブコーディアルの作り方は、こちらをどうぞ

5月ハーブ.JPG
【5月おすすめブレンドハーブ】
■オレンジピール・・1
■ハイビスカス・・1
■ローズヒップ・・2

*ハーブティの場合:カップ1杯(約150~180cc)あたり、ブレンドしたものを小さじ山盛り1杯
*ハーブコーディアルの場合:「5g+5g+10g」
-------
オレンジピール
不安や緊張を取り除き、明るい気持ちにさせてくれる。神経の鎮静作用もあるので、眠れない夜にも。腸の働きを正常に保つ働きも。

ハイビスカス
クエン酸を豊富に含むので疲労回復に。赤い色はアントシアニン色素。目の疲れも癒します。利尿作用にもすぐれ、むくみにも〇。

ローズヒップ
「ビタミンの爆弾」と言われるほど、ビタミンが豊富。特にビタミンCが多い。疲れたときや、紫外線が気になる時に。緩下作用があり、体内の老廃物を排出。

【参考本】ハーブティ事典(池田書店・佐々木薫著)
------

寒天ゼリーの作り方


普通に寒天を作る分量のうち、水の一部をハーブコーディアルに変えるだけでできます。
約5~6倍に薄めて作るのがおすすめです。

例えば。。。
寒天300ml作りたい場合、
水300mlを、水250ml+ハーブコーディアル50ml
または、水260ml+ハーブコーディアル40ml
などの組み合わせに変えます。
(お好みの割合で、作ってみてください。)

作り方は、市販の寒天の袋に書いてある通りです。
*すでにハーブコーディアルに甘みがあるので、砂糖は入れません!

お好みで、みかんやパイナップルなどの缶詰の果物を入れると、よりおいしいです!(^^)


ハーブジャムの作り方


5月のおすすめハーブは、どれも、丸ごととってもおいしいハーブなので、今回は、ハーブコーディアルを作り終えたハーブ出がらしを使って、ジャムも作ります
オレンジピールが入っているので、ちょっぴりマーマレード風。
ハーブジャム.JPG
【ハーブジャムの作り方】
■5月おすすめ出がらしハーブ・・20g
■きび砂糖・・20g(お好みで調整)


①出がらしハーブに、きび砂糖をまぶし、砂糖を煮溶かす
②砂糖が溶けたら、完成!
*煮詰める必要はありません。すでに、ハーブコーディアル作りで、くたっとなっているので。

ヨーグルトにトッピングしたり、パウンドケーキに練りこんだり。
ハーブティに入れて飲むのもおすすめです
ティ+ジャム.JPG


ぜひ、いろいろとお試しください~(*^-^*)


*************
つくばアロマ教室「くらしアロマ」
教室案内
講座メニュー

問合せ・お申込はこちらの入力フォームから(PC/スマホ用)
[メール]メールでもお受けしています(携帯はこちらから)
************

ブレンドハーブティ(目のしょぼしょぼ・心がフワフワ落ち着かない・不安・緊張) [アロマ&ハーブ活用法・レシピ]

お子様と一緒でも、託児ありでもレッスンができる教室
つくばアロマ教室「くらしアロマ」です。

ブレンドハーブティ(目のしょぼしょぼ・心がフワフワ落ち着かない・不安・緊張)


新年度がはじまり、何かとバタバタ落ち着かない日が続いています。
新生活の時間の使い方にまだ慣れていないせいか、なんとなくフワフワと地に足が着いていない感じ。
子供の学校役員のこともあり、慣れない細かい書類読みで、目もしょぼしょぼ

そんなときは、心落ち着かせるハーブティを入れます。
今日は、目の疲労にいいアイブライトをベースにブレンドしました。

ハーブティ.JPG
【ブレンドハーブディ】
(目のしょぼしょぼ、心がフワフワ落ち着かない・不安・緊張に)
■アイブライト・・2
■カモミールジャーマン・・1
■ラベンダー・・1

*ドライハーブの目安:カップ1杯(約150~180cc)あたり、小さじ山盛り1杯

-------
アイブライト
疲れた目をリフレッシュ。目の充血、かゆみの緩和に。頭をスッキリさせ記憶力や判断力を高める。抗炎症、抗ヒスタミン作用など

カモミールジャーマン
鎮静作用に優れ、心身を落ち着かせる。体を温める効果もあり。月経痛、冷えなどの婦人科系の症状にも〇。抗ヒスタミン作用など

ラベンダー
心を鎮めてリラックス。イライラの心を落ち着かせる。神経系の頭痛、めまいにも有効。防腐、抗菌作用など

【参考本】ハーブティ事典(池田書店・佐々木薫著)
------

精油で芳香するなら、ベチバーやジンジャーがおすすめです。
どちらも、根っこから抽出する精油です。

■植物の根は、茎や葉などを支える土台の部分。
■そんな根からとれる精油は、グランディング効果が高く、地に足をつける力、自分の足でしっかり立つことを後押ししてくれ、フワフワした気持ちを落ち着かせてくれます。
■頭を使いすぎている時にも、神経を鎮静してくれます。
■特にベチバーは香りが強いので、ほんの少しだけ混ぜるのがポイント。

こうやってアロマのことを考えていると、心がなごみます。。。

*************
つくばアロマ教室「くらしアロマ」
教室案内
講座メニュー

問合せ・お申込はこちらの入力フォームから(PC/スマホ用)
[メール]メールでもお受けしています(携帯はこちらから)
************

卵乳不使用・ハーブクッキーの作り方 [アロマ&ハーブ活用法・レシピ]

お子様と一緒でも、託児ありでもレッスンができる教室
つくばアロマ教室「くらしアロマ」です。

卵乳不使用・ハーブクッキーの作り方


ぱりっと香ばしい、ハーブ入りクッキー。
ローズマリーが香りもよく、おすすめです。
アレルギーの子も食べられるように、卵と乳製品不使用のレシピになってます。
クッキー1.JPG

【ハーブクッキー作り方】
(生地をのばした時に直径約22cmのものが2つ分の分量)
■薄力粉・・200g
■きび砂糖・・40g
■塩・・ひとつまみ
■ドライローズマリー・・大1(生だと大2)
■ごま・・大1
■菜種油・・大3(お好み油でも〇)
■水・・大3~大3+1/2


①ローズマリーを粗めに砕く

②油と水以外を、全てよく混ぜる

③ ①に油入れて、両手の平ですりすりしながら、生地をぽろぽろにする
クッキー2.JPG

④ぽろぽろになったら水を加え、ひとつにまとめる。生地の様子で水の量を調整する。(はじめは少なめに。生地はあまりこねない)

⑤まとまったら、生地を2つに分け、麺棒で薄くのばす。(直径約22㎝。厚みが薄い方が出来上がりがぱりっとなります)

⑥切り目を入れる
クッキー3.JPG

⑦トースタで約13~15分、しっかり焼き色がつくまで焼く

⑧粗熱がとれたら、切れ目にそってぱきぱき割って完成(焼き上がり直後はやわらかめでも、冷めると固くなります)
クッキー1.JPG

■ゴマは無くてもできます
■逆に、ハーブを入れずにゴマだけでもおいしいです(大2入れても〇)
■さらに、ゴマもハーブも入れなくても〇
■ココアを入れればチョコクッキーに
■今回は、楽ちんな切れ目を入れて焼くやり方をご紹介しましたが、普通に型抜きしてもOKです
-------------

とても簡単なのにおいしくできるので、お好みのアレンジしながら、ぜひお試しくださ~い。


*************
つくばアロマ教室「くらしアロマ」
教室案内
講座メニュー

問合せ・お申込はこちらの入力フォームから(PC/スマホ用)
[メール]メールでもお受けしています(携帯はこちらから)
************

ベビーパウダーにもなるボディパウダーの作り方 [アロマ&ハーブ活用法・レシピ]

お子様と一緒でも、託児ありでもレッスンができる教室
つくばアロマ教室「くらしアロマ」です。

ベビーパウダーにもなるボディパウダーの作り方


以前の記事「足のむくみ・疲れにアロマトリートメント」の最後の方に書いた、「トリートメント後のべたつきが気になる時は、ボディパウダーを使うといいですよ~」の続きです。

トリートメント後は基本的にオイルは拭き取らないのですが、服へのべたつきが気になる時、ボディパウダーを使うと、すぐにさらっとするのでおすすめです。
bodypowder.JPG
まぜるだけの簡単パウダー。
すべて天然素材のみで作るパウダーは、精油を入れなければ、赤ちゃんにも使えます!
フェイスパウダーにもなります。

【ボディパウダーの作り方】
■コーンスターチ・・大3
■ホワイトカオリン・・大2
■精油・・3~5滴(ベビー用には入れません)
お好みで
■酸化亜鉛・・小1

①すべての材料をよく混ぜるだけ
*薄くつけること


材料について


■コーンスターチ
トウモロコシの胚乳からとれたものを医薬品・化品用原料にしたもの。食用と比べると粒子が細かく、なめらかです。

■ホワイトカオリン
カオリン石(粘土鉱物・クレイ)を細かくしたもの。吸着、吸湿性、被覆力に優れています。産出石によって、ホワイト、ピンク、レッドなどがあり、ホワイトが一番優しいので、ベビーパウダー向け。

■酸化亜鉛
鉱物の粒子。収れん、消炎、制汗、紫外線分散効果などがあります。医薬品や化粧品などの顔料として用いられています。
-------------
<注意事項>
■精油は医薬品ではないことをご理解の上、正しくお使い下さい
■天然素材とはいえ、全てのお肌に合うとは限りません。ご使用の際はパッチテストをされることをおすすめします
■自己責任の元、手作りレシピをお楽しみください
-------------

関連記事
足のむくみ・疲れにアロマトリートメント

*************
つくばアロマ教室「くらしアロマ」
教室案内
講座メニュー

問合せ・お申込はこちらの入力フォームから(PC/スマホ用)
[メール]メールでもお受けしています(携帯はこちらから)
************

【掃除編~トイレ】いつもの家事に精油をプラス [アロマ&ハーブ活用法・レシピ]

ママとこどものためのつくばアロマ教室「くらしアロマ」です。

【掃除編~トイレ】いつもの家事に精油をプラス


毎日のお掃除に、重曹やセスキ、クエン酸など、自然素材を使っている方、たくさんいらっしゃると思います。
そこに、精油をプラスすることで、香りで癒されることはもちろん、より効果的にお掃除することができます。
今回は、トイレの掃除に役立つ精油の活用法をご紹介したいと思います。

【洗濯編】はこちら
【掃除編~リビング】はこちら
【掃除編~キッチン】はこちら

汚れにあった素材を使って掃除する


トイレは、おうちの中でも特にキレイにしておきたい場所です。

汚れ落としの基本は、「汚れの性質を中和させる」こと。
■酸性の汚れには、アルカリ性の素材
■アルカリ性の汚れには、酸性の素材
を使うと、きれいに落とせます。

トイレで気になるものは、尿はね、尿石、臭いなど。
尿は体内から出てすぐは弱酸性ですが、時間がたつと、空気中の細菌などと反応して、アンモニアが発生します。
便器の黄ばみ、尿石や嫌な臭いの元にもなるアンモニアは「アルカリ性」です。

よって、トイレ掃除には、
酸性のクエン酸
を使います。
手洗い場の水垢取りにも、クエン酸が役立ちます。

そこに、精油を加えることで、効果アップが期待できます
トイレ掃除におすすめ精油
■抗菌、抗真菌(抗カビ)
・・ティーツリー、ペパーミント、クローブ、レモングラス、ミルラ、パチュリ、ユーカリ、ローズマリー
■溶解(汚れを溶かす)
・・オレンジ、レモン、グレープフルーツ、レモングラス
■消臭
・・シダーウッド、パチュリ、ヒノキ、レモン



精油の活用法


■トイレットペーパーの芯に1滴
 ⇒ペーパーを使うたびに、ほんのり香ります
トイレットペーパ.JPG

■消臭ポットとして
 ⇒重曹100g+精油5滴
重曹には消臭効果があります。また、粉末のまま、こすり洗いにも使えます
消臭ポット.JPG


クエン酸スプレーでトイレ全体をキレイに


クエン酸スプレーがあれば、床から壁、便器まで、トイレ全体を掃除することができます。
また、酸性なので、除菌・殺菌にもなります

【トイレ用クエン酸スプレーの作り方】
■無水エタノール・・40ml
■精油・・10滴
■水・・160ml
■クエン酸・・小さじ1

①無水エタノールに精油を入れ、よく溶かす
②水とクエン酸を加え、よく振り混ぜて完成
エタノール多めで殺菌効果アップ
*トイレは狭い空間なので、精油を入れすぎると香りが強すぎてしまうので少な目が〇


クエン酸スプレーの活用法


■床、便器、手洗い場など、気になるところに直接吹きかけてふきとる
×大理石、鉄には使わない

■便器についてしまった頑固な黄ばみに
①汚れを覆うようにトイレットペーパーを厚めに敷く
②クエン酸水をたっぷりスプレーし、2時間以上パック
③パック後、重曹でこすり落とす

■それでも落ちない汚れは、濃いクエン酸水を作ると〇
水200mlに対し、クエン酸小さじ2

【注意事項】
■精油原液が、便器等に直接かからないようにご注意ください
■自己責任のもと、ご使用ください

正しく精油を取り入れて、毎日の掃除を楽しくしましょう(^^)

【洗濯編】はこちら
【掃除編~リビング】はこちら
【掃除編~キッチン】はこちら

*************
つくばアロマ教室「くらしアロマ」
教室案内
講座メニュー

問合せ・お申込はこちらの入力フォームから(PC/スマホ用)
[メール]メールでもお受けしています(携帯はこちらから)
kurashi.aroma@gmail.com
************

香るミニアルバム&折り紙のお花 [アロマ&ハーブ活用法・レシピ]

お子様と一緒でも、託児ありでもレッスンができる教室
つくばアロマ教室「くらしアロマ」です。

香るミニアルバム&折り紙のお花


明日から春休み!ですね。
今日は、精油を使ったお子さま向け工作のご紹介。

春休みに、1年の思い出を詰め込んだ香るミニアルバム作りはいかがでしょう。
ミニアルバム.JPG
(写真のミニアルバムは、厚紙をパタパタとつなげて、シール、折り紙などで飾り付けしたもの)

どんなアルバムでもいいですが、
①アルバムの表紙に厚めの紙で好きな飾りを作る
②そこに精油を1滴たらす
③香るミニアルバムの出来上がり!
ミニアルバムアップ.JPG

アルバムにしなくても、香るフォトフレームとして飾っておくだけでも
「いいにおーい!」
と子供たちは喜びますよ~。
オレンジやグレープフルーツなどの柑橘系が人気です。

小さいお子さまには、折り紙で作ったお花に、精油を1滴
お花.JPG
ほんとに香る、お花屋さんごっこが楽しめますよ~。


**********************
つくばアロマ教室「くらしアロマ」
教室案内
講座メニュー

問合せ・お申込みはこちらから(PC/スマホ用)
[メール]メールでもお受けしています(携帯はこちらから)
**********************

コートのにおい取りにルームスプレー [アロマ&ハーブ活用法・レシピ]

お子様と一緒でも、託児ありでもレッスンができる教室
つくばアロマ教室「くらしアロマ」です。

コートのにおい取りにルームスプレー


先日、子供サークルのイベントで、外での煮炊きをしてきました。

寒い時期には、たき火はあったかく、ついつい火のそばで暖をとってしまいます。
そのため、帰る頃には、いぶされたニオイがコートにたっぷり!

そんな時に役に立つのが、精油で作ったルームスプレー

アロマクラフトは、使う材料が自分でわかるので、1つの使い道だけではなく、色々な使い方ができるのがいいところです。

DSC07771.JPG

【使い方】
コートにたっぷりめにスプレーし、乾くまでおいておくだけ。

【注意事項】
■色がついている精油があります。あらかじめ、コートの見えないところにスプレーして、変色しないことを確認してから全体にスプレーしてください


なかなか洗えないコート。

日々のにおい取りにぜひお試しくださ~い。

*************
つくばアロマ教室「くらしアロマ」

教室案内
講座メニュー

問合せ・お申込はこちらの入力フォームから(PC/スマホ用)
[メール]メールでもお受けしています(携帯はこちらから)
************

【掃除編~キッチン】いつもの家事に精油をプラス [アロマ&ハーブ活用法・レシピ]

お子様と一緒でも、託児ありでもレッスンができる教室
つくばアロマ教室「くらしアロマ」です。

【掃除編~キッチン】いつもの家事に精油をプラス


毎日の家事に精油をプラスすることで、香りで癒されることはもちろん、材料が気になる市販品を減らすことができます。
また、重曹やセスキ炭酸ソーダ、クエン酸など、自然素材と組み合わせることで、より効果的かつ安心して使うこともできます。

今回は、キッチンの掃除に役立つ精油の活用法をご紹介します。

【洗濯編】はこちら
【掃除編~リビング】はこちら
【掃除編~トイレ】はこちら

汚れにあった素材を使って掃除する


キッチンは、食べ物を扱う場所ですので、常にキレイにしておきたい場所ですよね。

頑固な汚れになってからしっかり掃除するよりも、毎日ちょこちょこと掃除をする方が、汚れも簡単に落ちるので、実はとても楽だったりします。

汚れ落としの基本は、「汚れの性質を中和させる」こと。
■酸性の汚れには、アルカリ性の素材
■アルカリ性の汚れには、酸性の素材
を使うと、きれいに落とせます。

キッチン汚れの主なものは、
油、食品こぼし、焦げ、ほこり、手垢、水垢など。
これらのうち、
「酸性」の汚れは、油、食品かす、焦げ、ほこり、手垢
「アルカリ性」の汚れは、水垢

よって、キッチン掃除には、
アルカリ性の重曹セスキ炭酸ソーダ
酸性のクエン酸
を使うと効果的です。

そこで私は、次の3つのアイテムを使い分けて、キッチン掃除をしています。
【キッチン掃除のおすすめ3アイテム】
セスキスプレー
クエン酸スプレー
重曹(粉末のまま)
DSC07765.JPG



さらに、精油を加えることで、効果アップが期待できます
キッチン掃除におすすめ精油
■抗菌、抗真菌(抗カビ)・・・ティーツリー、ペパーミント、クローブ、レモングラス、ミルラ、パチュリ、ユーカリ、ローズマリー
■溶解(汚れを溶かす)・・・オレンジ、レモン、グレープフルーツ、レモングラス


キッチン掃除におすすめ。3つのアイテムの作り方


【セスキスプレーの作り方】
■無水エタノール・・5ml
■精油・・10滴
■水・・200ml
■セスキ炭酸ソーダ・・小さじ1/3

①無水エタノールに精油を入れ、よく混ぜる
②水とセスキ炭酸ソーダを加え、よく振り混ぜて完成

*重曹よりもアルカリ度が高いので、より酸性の汚れに適してます
重曹・・・ph8.4(ごく弱アルカリ性)
セスキ・・ph9.8(弱アルカリ性)


【クエン酸スプレーの作り方】
■無水エタノール・・5ml
■精油・・10滴
■水・・200ml
■クエン酸・・小さじ1

①無水エタノールに精油を入れ、よく混ぜる
②水とクエン酸を加え、よく振り混ぜて完成


重曹は粉末のまま使います



セスキスプレーの活用法


セスキスプレーは、アルカリ性なので、酸性の汚れ落としに使います
(油、食品こぼし、焦げ、ほこり、手アカ など)

■床、壁タイルの拭きそうじ
 [exclamation]無垢材は変色するので×

■ガスコンロ

■調理台

■冷蔵庫の外、内側も

■家電製品
 キッチンペーパーなどにスプレーしてから、拭く
 [exclamation]故障の原因になるので、直接吹き付けない

など

クエン酸スプレーの活用法


クエン酸スプレーは、酸性なので、アルカリ性の汚れ落としに適しています。
また、酸性なので、除菌・殺菌にもなります

■蛇口、調理台等の水あか落とし

■キッチン全体、冷蔵庫などの除菌用に
(私は特に、食中毒が気になる梅雨の時期に、最後の仕上げとして使っています)

■重曹を使った後の仕上げに
(中和するので、重曹の白いあとが残りません)

おまけ
■食器洗い洗浄機の水あか取りに
クエン酸(粉末のまま)大さじ1~2を、空っぽの食洗器に入れて、いつもの洗浄コースで洗う


重曹(粉末のまま)の活用法


重曹は、水に溶けにくいという性質があります。
その特性をいかし、研磨剤として、「固いもの」をとるのに、適しています

■鍋などの焦げ落とし

■茶しぶ

■シンク内のこびり付き

■セスキスプレー、クエン酸スプレーだけでは落としきれない固い汚れ
スプレーで汚れを柔らかくした後、重曹でこすると落ちやすくなります

おまけ
■魚焼きグリルの受け皿に、たっぷりの重曹を入れておく
 洗う時、とても楽になります


【注意事項】
■精油原液が、直接家電などにつかないようにしてください
■自己責任のもと、ご使用ください


正しく精油を取り入れて、毎日の掃除を楽しくしましょう(^^)

【洗濯編】はこちら
【掃除編~リビング】はこちら
【掃除編~トイレ】はこちら

*************
つくばアロマ教室「くらしアロマ」
教室案内
講座メニュー

問合せ・お申込はこちらの入力フォームから(PC/スマホ用)
[メール]メールでもお受けしています(携帯はこちらから)
************

足のむくみ・疲れにアロマトリートメント [アロマ&ハーブ活用法・レシピ]

お子様と一緒でも、託児ありでもレッスンができる教室
つくばアロマ教室「くらしアロマ」です。

足のむくみ・疲れにアロマトリートメント


まだまだ寒い日が続きますね。
子供の外遊びに付き合っていると、子供は走り回って元気ですが、じっとしていることが多いママ。
足が冷えますよね~。

足のむくみやふくらはぎがカチカチになってしまうこともあります。

そんな時は、精油入りオイルでのトリートメントがとってもおすすめ。
気持ちよく、足もすっきりしますよ。

部活や習い事で運動しているお子さまの疲れた足にトリートメントしてあげるのも、とっても喜びます。

DSC07734.JPG

トリートメントの前に肌に水分と温めを


むくみや疲れには、お風呂に入って温まり、潤った肌にオイルトリートメントをするのが一番ですが、
■お風呂まで待てない!
■すぐになんとかしたい!
そんな時におすすめなのが、蒸しタオル

乾燥している肌にいきなりオイルを塗るよりも、まずは肌に水分を与え、温めることでより効果的で手の滑りもよくなります。

DSC07735.JPG

【蒸しタオルの作り方】
 ■水で濡らし絞ったタオルを、電子レンジで約1分間チン
 *機種によって加熱時間が変わりますので、適宜調整してください
 *火傷に注意!


蒸しタオルを、ふくらはぎにくるむように巻き付けて、温めます。

これだけで、気持ちいい~!

トリートメントしましょう


お肌があったまり潤ったら、トリートメントをはじめます

【アロマトリートメントオイルの作り方】
■お好みのオイル・・20ml
■精油・・4滴(濃度1%)
*お子さまに使う場合は、2滴(濃度0.5%)

①オイルと精油を混ぜるだけ!


【おすすめ精油】
むくみ・・・サイプレス、ジュニパーベリー、ローズマリー、サンダルウッド、レモン
冷え・・・ローズマリー、ジュニパーベリー、ラベンダー、オレンジ、ゼラニウム
筋肉疲労・・・ローズマリー、レモングラス、ペパーミント、ユーカリ、ラベンダー、サイプレス


ポンプ式の入れ物にいれると便利です
DSC07734-1.JPG

①肌に摩擦が起きないように、適量オイルを手にとり、手のひら全体になじませる

②ひざ裏、足首の前面にリンパ節が集まっているので、まず、ここを揉みほぐします。
 老廃物が流れやすくなります

②つま先から足首へ、足首からひざへ、手のひら全体を使ってさすりあげる。
 特別な技術がなくても、これだけでスッキリします。

トリートメント後はオイルは拭き取らない


トリートメントした後は、オイルは拭き取らなくても大丈夫です。
オイルは肌に吸収されしっとりします

もし、べたつきが気になるようでしたら、軽く拭き取るか、ボディパウダーをはたくとサラッとします。

ボディパウダーも、天然素材を混ぜるだけで、とっても簡単にできます。
好きな精油を垂らして、香りづけもできます。

赤ちゃんのベビーパウダーにもなるボディパウダーについては、後日ご紹介したいと思います。

追記:ボディパウダーの記事はこちら
ベビーパウダーにもなるボディパウダーの作り方


*************
つくばアロマ教室「くらしアロマ」
教室案内
講座メニュー

問合せ・お申込はこちらの入力フォームから(PC/スマホ用)
[メール]メールでもお受けしています(携帯はこちらから)
************
前の10件 | - アロマ&ハーブ活用法・レシピ ブログトップ