So-net無料ブログ作成
検索選択
アロマ&ハーブ活用法・レシピ ブログトップ
- | 次の10件

【掃除編~キッチン】いつもの家事に精油をプラス [アロマ&ハーブ活用法・レシピ]

お子様と一緒でも、託児ありでもレッスンができる教室
つくばアロマ教室「くらしアロマ」です。

【掃除編~キッチン】いつもの家事に精油をプラス


毎日の家事に精油をプラスすることで、香りで癒されることはもちろん、材料が気になる市販品を減らすことができます。
また、重曹やセスキ炭酸ソーダ、クエン酸など、自然素材と組み合わせることで、より効果的かつ安心して使うこともできます。

今回は、キッチンの掃除に役立つ精油の活用法をご紹介します。

【洗濯編】はこちら
【掃除編~リビング】はこちら
【掃除編~トイレ】はこちら

汚れにあった素材を使って掃除する


キッチンは、食べ物を扱う場所ですので、常にキレイにしておきたい場所ですよね。

頑固な汚れになってからしっかり掃除するよりも、毎日ちょこちょこと掃除をする方が、汚れも簡単に落ちるので、実はとても楽だったりします。

汚れ落としの基本は、「汚れの性質を中和させる」こと。
■酸性の汚れには、アルカリ性の素材
■アルカリ性の汚れには、酸性の素材
を使うと、きれいに落とせます。

キッチン汚れの主なものは、
油、食品こぼし、焦げ、ほこり、手垢、水垢など。
これらのうち、
「酸性」の汚れは、油、食品かす、焦げ、ほこり、手垢
「アルカリ性」の汚れは、水垢

よって、キッチン掃除には、
アルカリ性の重曹セスキ炭酸ソーダ
酸性のクエン酸
を使うと効果的です。

そこで私は、次の3つのアイテムを使い分けて、キッチン掃除をしています。
【キッチン掃除のおすすめ3アイテム】
セスキスプレー
クエン酸スプレー
重曹(粉末のまま)
DSC07765.JPG



さらに、精油を加えることで、効果アップが期待できます
キッチン掃除におすすめ精油
■抗菌、抗真菌(抗カビ)・・・ティーツリー、ペパーミント、クローブ、レモングラス、ミルラ、パチュリ、ユーカリ、ローズマリー
■溶解(汚れを溶かす)・・・オレンジ、レモン、グレープフルーツ、レモングラス


キッチン掃除におすすめ。3つのアイテムの作り方


【セスキスプレーの作り方】
■無水エタノール・・5ml
■精油・・10滴
■水・・200ml
■セスキ炭酸ソーダ・・小さじ1/3

①無水エタノールに精油を入れ、よく混ぜる
②水とセスキ炭酸ソーダを加え、よく振り混ぜて完成

*重曹よりもアルカリ度が高いので、より酸性の汚れに適してます
重曹・・・ph8.4(ごく弱アルカリ性)
セスキ・・ph9.8(弱アルカリ性)


【クエン酸スプレーの作り方】
■無水エタノール・・5ml
■精油・・10滴
■水・・200ml
■クエン酸・・小さじ1

①無水エタノールに精油を入れ、よく混ぜる
②水とクエン酸を加え、よく振り混ぜて完成


重曹は粉末のまま使います



セスキスプレーの活用法


セスキスプレーは、アルカリ性なので、酸性の汚れ落としに使います
(油、食品こぼし、焦げ、ほこり、手アカ など)

■床、壁タイルの拭きそうじ
 [exclamation]無垢材は変色するので×

■ガスコンロ

■調理台

■冷蔵庫の外、内側も

■家電製品
 キッチンペーパーなどにスプレーしてから、拭く
 [exclamation]故障の原因になるので、直接吹き付けない

など

クエン酸スプレーの活用法


クエン酸スプレーは、酸性なので、アルカリ性の汚れ落としに適しています。
また、酸性なので、除菌・殺菌にもなります

■蛇口、調理台等の水あか落とし

■キッチン全体、冷蔵庫などの除菌用に
(私は特に、食中毒が気になる梅雨の時期に、最後の仕上げとして使っています)

■重曹を使った後の仕上げに
(中和するので、重曹の白いあとが残りません)

おまけ
■食器洗い洗浄機の水あか取りに
クエン酸(粉末のまま)大さじ1~2を、空っぽの食洗器に入れて、いつもの洗浄コースで洗う


重曹(粉末のまま)の活用法


重曹は、水に溶けにくいという性質があります。
その特性をいかし、研磨剤として、「固いもの」をとるのに、適しています

■鍋などの焦げ落とし

■茶しぶ

■シンク内のこびり付き

■セスキスプレー、クエン酸スプレーだけでは落としきれない固い汚れ
スプレーで汚れを柔らかくした後、重曹でこすると落ちやすくなります

おまけ
■魚焼きグリルの受け皿に、たっぷりの重曹を入れておく
 洗う時、とても楽になります


【注意事項】
■精油原液が、直接家電などにつかないようにしてください
■自己責任のもと、ご使用ください


正しく精油を取り入れて、毎日の掃除を楽しくしましょう(^^)

【洗濯編】はこちら
【掃除編~リビング】はこちら
【掃除編~トイレ】はこちら

*************
つくばアロマ教室「くらしアロマ」
教室案内
講座メニュー

問合せ・お申込はこちらの入力フォームから(PC/スマホ用)
[メール]メールでもお受けしています(携帯はこちらから)
************

足のむくみ・疲れにアロマトリートメント [アロマ&ハーブ活用法・レシピ]

お子様と一緒でも、託児ありでもレッスンができる教室
つくばアロマ教室「くらしアロマ」です。

足のむくみ・疲れにアロマトリートメント


まだまだ寒い日が続きますね。
子供の外遊びに付き合っていると、子供は走り回って元気ですが、じっとしていることが多いママ。
足が冷えますよね~。

足のむくみやふくらはぎがカチカチになってしまうこともあります。

そんな時は、精油入りオイルでのトリートメントがとってもおすすめ。
気持ちよく、足もすっきりしますよ。

部活や習い事で運動しているお子さまの疲れた足にトリートメントしてあげるのも、とっても喜びます。

DSC07734.JPG

トリートメントの前に肌に水分と温めを


むくみや疲れには、お風呂に入って温まり、潤った肌にオイルトリートメントをするのが一番ですが、
■お風呂まで待てない!
■すぐになんとかしたい!
そんな時におすすめなのが、蒸しタオル

乾燥している肌にいきなりオイルを塗るよりも、まずは肌に水分を与え、温めることでより効果的で手の滑りもよくなります。

DSC07735.JPG

【蒸しタオルの作り方】
 ■水で濡らし絞ったタオルを、電子レンジで約1分間チン
 *機種によって加熱時間が変わりますので、適宜調整してください
 *火傷に注意!


蒸しタオルを、ふくらはぎにくるむように巻き付けて、温めます。

これだけで、気持ちいい~!

トリートメントしましょう


お肌があったまり潤ったら、トリートメントをはじめます

【アロマトリートメントオイルの作り方】
■お好みのオイル・・20ml
■精油・・4滴(濃度1%)
*お子さまに使う場合は、2滴(濃度0.5%)

①オイルと精油を混ぜるだけ!


【おすすめ精油】
むくみ・・・サイプレス、ジュニパーベリー、ローズマリー、サンダルウッド、レモン
冷え・・・ローズマリー、ジュニパーベリー、ラベンダー、オレンジ、ゼラニウム
筋肉疲労・・・ローズマリー、レモングラス、ペパーミント、ユーカリ、ラベンダー、サイプレス


ポンプ式の入れ物にいれると便利です
DSC07734-1.JPG

①肌に摩擦が起きないように、適量オイルを手にとり、手のひら全体になじませる

②ひざ裏、足首の前面にリンパ節が集まっているので、まず、ここを揉みほぐします。
 老廃物が流れやすくなります

②つま先から足首へ、足首からひざへ、手のひら全体を使ってさすりあげる。
 特別な技術がなくても、これだけでスッキリします。

トリートメント後はオイルは拭き取らない


トリートメントした後は、オイルは拭き取らなくても大丈夫です。
オイルは肌に吸収されしっとりします

もし、べたつきが気になるようでしたら、軽く拭き取るか、ボディパウダーをはたくとサラッとします。

ボディパウダーも、天然素材を混ぜるだけで、とっても簡単にできます。
好きな精油を垂らして、香りづけもできます。

赤ちゃんのベビーパウダーにもなるボディパウダーについては、後日ご紹介したいと思います。

追記:ボディパウダーの記事はこちら
ベビーパウダーにもなるボディパウダーの作り方


*************
つくばアロマ教室「くらしアロマ」
教室案内
講座メニュー

問合せ・お申込はこちらの入力フォームから(PC/スマホ用)
[メール]メールでもお受けしています(携帯はこちらから)
************

【掃除編~リビング】いつもの家事に精油をプラス [アロマ&ハーブ活用法・レシピ]

お子様と一緒でも、託児ありでもレッスンができる教室
つくばアロマ教室「くらしアロマ」です。

【掃除編~リビング】いつもの家事に精油をプラス


毎日の家事に精油をプラスすることで、香りで癒されることはもちろん、材料が気になる市販品を使うことを減らすことができます。
また、重曹やセスキ炭酸ソーダ、クエン酸など、自然素材と組み合わせることで、より効果的かつ安心して使うこともできます。

今回は、リビングの掃除に役立つ精油の活用法をご紹介します。

【洗濯編】はこちら
【掃除編~キッチン】はこちら
【掃除編~トイレ】はこちら

汚れにあった素材を使って掃除する


汚れ落としの基本は、「汚れの性質を中和させる」こと。
酸性の汚れには、アルカリ性の素材
アルカリ性の汚れには、酸性の素材
を使うと、きれいに落とせます。

リビング汚れの主なものは、
手あか、ほこり、食べこぼし、料理などの生活臭など。
これらは、どれも「酸性」の汚れです。

よって、リビング掃除には、アルカリ性の重曹セスキ炭酸ソーダが、とても役に立ちます。

さらに、次のような働きをもつ精油を加えることで、さらに効果がアップします
リビング掃除におすすめ精油
■抗菌、抗真菌(抗カビ)・・・ティーツリー、ペパーミント、クローブ、レモングラス、ミルラ、パチュリ、ユーカリ、ローズマリー
■溶解(汚れを溶かす)・・・オレンジ、レモン、グレープフルーツ、レモングラス



精油があればできること


【ほこりっぽい掃除機の排気をいい香りに!

■掃除機の紙パックに精油を数滴たらす
または
ティッシュ1枚に、精油を数滴たらして掃除機で吸いこむ


【いつもの拭きそうじに】

■水を入れたバケツに、精油を数滴加え、いつものように拭きそうじ




重曹スプレーまたはセスキスプレーが便利!


アルカリ性の重曹スプレーまたはセスキスプレーを作っておくと、拭き掃除などにとっても役立ちます。

どちらもアルカリ性なので、酸性の汚れ落としには最適ですが、アルカリ度が異なります。
重曹・・・ph8.4(ごく弱アルカリ性)
セスキ・・ph9.8(弱アルカリ性)

重曹は水に溶けにくいため、お湯で溶かす必要があります。
さらに時間がたつとスプレーが目詰まりすることもあって、私はお湯を用意するひと手間がめんどいので、水に溶けやすいセスキスプレーを使ってます(^^)

【重曹スプレーの作り方】
■無水エタノール・・5ml
■精油・・10~20滴
■約40℃のお湯・・200ml
■重曹・・小さじ1

①無水エタノールに精油を入れ、よく混ぜる
②お湯と重曹を加え、よく振り混ぜて完成
[exclamation]重曹は水では溶けにくいのでお湯で溶かす


【セスキスプレーの作り方】
■無水エタノール・・5ml
■精油・・10~20滴
■水・・200ml
■セスキ炭酸ソーダ・・小さじ1/3

①無水エタノールに精油を入れ、よく混ぜる
②水とセスキ炭酸ソーダを加えて、よく振り混ぜて完成



重曹スプレーまたはセスキスプレーでできること


■床の拭きそうじ
 [exclamation]無垢材、畳は変色するので×

■窓そうじ

■おもちゃの拭きとり
 [exclamation]無垢材、アルミ製品には×

■テーブル拭き

■カーテンの匂いとり
 カーテンにスプレーすれば、生活臭の臭いとりにもなります

■家電製品
 乾いたぞうきんなどにスプレーしてから、拭く
 [exclamation]故障の原因になるので、直接吹き付けない
 [exclamation]テレビなどの液晶画面は拭かない

■電気のスイッチ
 乾いたぞうきんなどにスプレーしてから、拭く
 [exclamation]故障の原因になるので、直接吹き付けない

など


おすすめ精油をベースに、お好きな精油をブレンドしても◎

リラックスできる香り、すっきりする香りなど、家族が気持ちよく過ごせるリビング作りの手助けになればいいなと思います。

【注意事項】
■精油原液が、直接衣類や家具等などにつかないようにしてください
■自己責任のもと、ご使用ください


正しく精油を取り入れて、毎日の掃除を楽しくしましょう(^^)

洗濯編はこちら
【掃除編~キッチン】はこちら
【掃除編~トイレ】はこちら

*************
つくばアロマ教室「くらしアロマ」
教室案内
講座メニュー

問合せ・お申込はこちらの入力フォームから(PC/スマホ用)
[メール]メールでもお受けしています(携帯はこちらから)
************

【洗濯編】いつもの家事に精油をプラス [アロマ&ハーブ活用法・レシピ]

お子様と一緒でも、託児ありでもレッスンができる教室
つくばアロマ教室「くらしアロマ」です。

【洗濯編】いつもの家事に精油をプラス


毎日の家事に精油をプラスすることで、香りで癒されることはもちろん、材料が気になる市販品を使うことを減らすことができます。

今回は、洗濯の時に役立つ精油の活用法をご紹介します。

【掃除編~リビング】はこちら
【掃除編~キッチン】はこちら
【掃除編~トイレ】はこちら


洗濯に役立つ精油は、
殺菌、抗菌、抗真菌(抗カビ)作用
の成分を多く含む精油を選びます。

おすすめ精油
ユーカリ、ティーツリー、ペパーミント、ジュニパーベリー、ラベンダー、ローズマリー、シダーウッド


洗濯の時に


いつものお洗濯の時に、精油を数滴加えるだけ

また、軽い汚れの場合、アルカリ性のセスキ炭酸ソーダが洗剤代わりに役立ちます。
*重曹よりも、セスキ炭酸ソーダの方がアルカリ度が高く、溶けやすいです
*セスキ炭酸ソーダは100均でも売ってます

いつもの洗剤にセスキ炭酸ソーダを追加するだけでも、いつもより汚れ落ちますよ~(^^)

(水30Lあたり)
■セスキ炭酸ソーダ・・・大1(約20g)
■精油・・・3滴


すすぎの時に


すすぎの時に、精油を数滴加えると、ほのかな香りが楽しめます。
洗剤は、いつものものを使い、すすぎで精油を使うだけでも◎

柔軟剤代わりに、クエン酸を使うこともできます。
セスキ炭酸ソーダで洗濯した場合のすすぎ水のアルカリが気になる場合にも使えます。
(水30Lあたり)
■クエン酸・・・小さじ1/2

すすぎの終わりころに、クエン酸を加えてしばらく回すだけ


洗濯物を干す時に


部屋干しの時、匂いが気になる時があります。
イヤな匂いの原因は、
空気中の雑菌や落としきれなかった菌が繁殖したためといわれています。
イヤな匂い防止には、
リネンスプレーを作って吹き付けます。

【リネンスプレーの作り方】
■無水エタノール・・・20ml
■精油・・・30滴
■精製水・・・80ml

①スプレー容器に、無水エタノールと精油を入れてよくまぜる
②そこに精製水を加え、さらによく振り混ぜたら完成

洗濯物が濡れているうちに、全体的に吹き付けて干す


おすすめ精油をベースに、お好きな精油をブレンドしても◎

【注意事項】
■精油原液が、直接衣類や洗濯槽につかないようにしてください
■光毒性のあるもの、色が濃い精油は衣類を傷けてしまうので避けてください
■発火の恐れがあるので、精油を使用して洗濯したものは、乾燥機を使わないでください
■自己責任のもと、ご使用ください


正しく精油を取り入れて、毎日のお洗濯を楽しくしましょう(^^)

【掃除編~リビング】はこちら
【掃除編~キッチン】はこちら
【掃除編~トイレ】はこちら

*************
つくばアロマ教室「くらしアロマ」
教室案内
講座メニュー

問合せ・お申込はこちらの入力フォームから(PC/スマホ用)
[メール]メールでもお受けしています(携帯はこちらから)
************

しもやけ&かかとガサガサに「みつろうクリーム」 [アロマ&ハーブ活用法・レシピ]

お子様と一緒でも、託児ありでもレッスンができる教室
つくばアロマ教室「くらしアロマ」です。

しもやけ&かかとガサガサ用「みつろうクリーム」の作り方


毎日寒いですね。
我が家の小学生の娘。
寒くなるとしもやけになりやすいので、毎年、しもやけ用クリームを作っています。

みつろうで作るクリームです。
みつろう
蜜蜂が巣を作るときに分泌する天然のワックス
古代エジプトでも使用していた記録があり、保湿に優れ、クリームの材料に使う。


DSC077001.JPG
みつろうとオイル(植物油)を、レンジでチン!でできて簡単!
少し固めのクリームにし、肌にしっかり長くとどまるように作ります。

クリームの固さを自分で調整できるのも、手作りのいいところですね。

精油を工夫すれば、かかとのガサガサにいいクリームも作れます。

おすすめ精油


血行促進作用のある精油
ローズマリー、レモングラス、レモン、オレンジ、ユズ、ジンジャー、マジョラム、パチュリ、サイプレス

かかとのガサガサには、皮膚を柔らかくする作用、傷の治りを早める作用などをもつ精油
ラベンダー、カモミールローマン、ネロリ、ゼラニウム、ローズ、サンダルウッド、パルマローザ、フランキンセンス、ミルラ、ベンゾイン、ローズウッド

■おすすめオイル(植物油)
皮膚を再生して傷を癒す力が強いカレンデュラオイルを使います

【みつろうクリームの作り方】
(出来上り量 約20ml)(精油濃度1%)

■材料
みつろう・・・3g
カレンデュラオイル・・・3ml
ホホバオイル・・・・・・・12ml
精油・・・・4滴
*お子さまに使う場合は、2滴(精油濃度0.5%)

■作り方
①耐熱クリーム容器に、精油以外の材料を入れる
②電子レンジで、みつろうが溶けるまで加熱する
(約1分半~2分)
③溶けたら、クリーム状になるまで竹串でぐるぐるまぜる
④最後に、精油を加えて完成

■ポイント
・オイルは、お好みのものに変更しても大丈夫です
・耐熱クリーム容器が無い場合、別の耐熱容器や紙コップでチンして、クリーム容器に移し替えればOK。
・精油は、クリームが冷めてから入れてください。(熱いと香りが揮発してしまいます)


■精油は医薬品ではないことをご理解の上、正しくお使いください
■精油の基本的ルールを守って、お使いください
(肌に原液を直接つけない、希釈濃度を守る、など)

自分にぴったりの香りで、作ってみてください(^^)

*************
つくばアロマ教室「くらしアロマ」

教室案内
講座メニュー

問合せ・お申込はこちらの入力フォームから(PC/スマホ用)
[メール]メールでもお受けしています(携帯はこちらから)
************

風邪インフルエンザ時の精油&ハーブ活用法 [アロマ&ハーブ活用法・レシピ]

お子様と一緒でも、託児ありでもレッスンができる教室
つくばアロマ教室「くらしアロマ」です。

今日は講座予定でしたが、申込された方全員が、お子様やご本人が風邪・インフルエンザでお休みでした。
流行ってます(T。T)
どうぞお大事になさってくださいね。

風邪・インフルエンザの時は、お医者さんに行ったり安静にするのが一番ですが、
今日は、精油とハーブの活用法をご紹介したいと思います。
どれも、すぐにできる簡単なものです。
ご参考になればうれしいです。
DSC07713.JPG

■部屋の空気清浄
・ティッシュに2~3滴精油をたらして置いておく
・お湯を入れたマグカップなどに、精油を1~2滴たらす
これだけで、香りはひろがります。もちろんディフューザー、アロマポットでも
おすすめ精油・・・レモン、ティーツリー、ユーカリ

風邪のひきはじめ
おすすめハーブティ
・カモミール、エルダーフラワー(体を温める)
・エキナセア(免疫力を高める)
・ローズヒップ(ビタミンCが豊富)

■ハーブティでうがい
おすすめハーブ
・マロウブルー(のどが痛いときに特に◎)
・タイム、ユーカリ、セージ(高い抗菌力)

鼻水、鼻詰まりには精油の芳香浴
・ティッシュに1~2滴精油をたらし、嗅ぐ
・手持ちのクリームやオイルに精油をたらし、胸などにすり込む
おすすめ精油・・・ペパーミント、ユーカリ

のどの痛みや咳には精油の吸入やハーブティ
・お湯を入れたマグカップに精油を1~2滴いれ、深呼吸して蒸気を取り込む
おすすめ精油・・・ティーツリー、ユーカリ
おすすめハーブティ
・マロウブルー、ペパーミント、カモミールエルダーフラワー、セージ、タイム


■精油は医薬品ではないことをご理解の上、正しくお使いください
■精油の基本的ルールを守って、お使いください
(肌に原液を直接つけない、希釈濃度を守る、など)


ハーブティにはちみつを入れると、お子さまにも飲みやすいです。
また、ハーブコーディアルもおすすめです(^^)

*************
つくばアロマ教室「くらしアロマ」

教室案内
講座メニュー

問合せ・お申込はこちらの入力フォームから(PC/スマホ用)
[メール]メールでもお受けしています(携帯はこちらから)
************

乾燥などでの髪ぱさぱさにアロマハンドクリーム?! [アロマ&ハーブ活用法・レシピ]

お子様連れでも、託児有りでもレッスンができる教室
つくばアロマ教室「くらしアロマ」です(^^)

乾燥する季節。
お肌はもちろん、髪もぱさぱさになりやすいですね。

セーターを着た日には、
髪が静電気を帯び、顔にまとわりついてジャマ!な時があります。

そんな時は、ぜひ、手にぬったついでのアロマハンドクリームを、うすーくぱさぱさ髪になじませてみてください。
つやつや髪が戻ります。

え?ハンドクリーム?
DSC07650.JPG

「くらしアロマ」で作るハンドクリームの材料には、
・芳香蒸留水(ローズウォーター)
・シアバター
・ホホバオイル
を使います。

3つとも、髪をつやつやにする働きがあります。
さらに、シアバターやホホバオイルは、紫外線から髪を守る働きもあります。

そして、精油にも、髪つややかにしたり、リンス効果もあり、さらさらも期待できます。

なので、ぜひ、乾燥時期は、手だけではなく、
髪にもアロマハンドクリームを塗ってみてください。

ハンドクリームが無い場合は、
シアバターやオイルを、そのままうすーく塗ってもOKです。

[exclamation]うすーく、なじませるように塗ってくださいね。
つけすぎると、べたべたになりますのでご注意!



乗り物酔いにペパーミント [アロマ&ハーブ活用法・レシピ]

お子様連れでも、託児有りでもレッスンができる教室
つくばアロマ教室「くらしアロマ」です(^^)

乗り物酔いしやすい中学生のうちの子。
今日からバスで宿泊学習に行くので、
ペパーミント精油を使ったミニサシェを作って持たせました。
DSC07708.JPG

コットンにペパーミントの精油を2~3滴たらし、
布にくるんでリボンをつければ完成。

ポケットにこっそり忍ばせておき、時々くんくん。

これを持つようになってから、酔って吐かなくなりました。

乗り物酔いしやすい方に、おすすめです~。

**********************************
つくばアロマ教室「くらしアロマ」
中谷順子
AEAJ認定アロマテラピーインストラクター
問合せはこちらの入力フォームから
**********************************

簡単!15分でできる子供も大好きハーブコーディアル作り方 [アロマ&ハーブ活用法・レシピ]

お子様も一緒OKの出張アロマ教室
つくばアロマ教室「くらしアロマ」です(^^)

今日は、寒い冬にぴったりな、ハーブコーディアルのご紹介です。

DSC07702.JPG

ハーブコーディアルって??

ハーブやベリーなどのエキスを濃縮し、砂糖などで甘味がついたシロップのことです。
水やお湯などで割って飲みます。

「ハーブコーディアル」というと、
なんだかオシャレで聞こえがいいですが、
赤しそジュースやユズジュース、梅ジュースなんかも、同じように水などで割って飲みますよね。
それと同じで、「エキスを水で薄めて飲むハーブジュース
という感じです。

ハーブティももちろんいいですが、子供にはちょっと飲みにくかったりする時があります。
そんな時は、ハーブコーディアルがとってもおすすめ。

我が家では、冬は、朝の学校前に、お湯で割ってのんでます。
ハーブエキスと体の中からのぽかぽかとで、風邪予防にいいかなーと思ってます。

おすすめハーブは、
エルダーフラワー
感染症予防に。

甘くてほんとうにおいしいので、ごくごくいけますよ~。

作り方はとっても簡単!
15分もあればできます。

【ハーブコーディアルの作り方】
(出来上がり量)約300ml  (保存期間)1~2週間

■材料
水・・・・・・・・・・・300ml
ドライハーブ・・・・20g(フレッシュの場合40g)
きび砂糖・・・・・・150g(はちみつや他の砂糖でもOK)
レモン汁・・・・・・・小1~大1(保存のために入れますが、酸味も付きますのでお好みで。
クエン酸でもOK(酸味が強いのでレモン汁より少なめに))

■作り方
①お鍋で沸騰させた水に、ハーブを入れ、約3分弱火で煮だす。
②火を止め、ふたをして約5分蒸らす
③ハーブを取り出し、きび砂糖を煮溶かす。
④最後に、レモン汁(またはクエン酸)を加えて完成。

■使い方
8~10倍に薄めて飲みます。(水、お湯、炭酸水、お酒など)
そのまま、甘味として、ヨーグルトやハーブティ、お料理等に使ってもOK!

■ポイント
・ハーブは、ティパックかお茶パックに詰めて煮出すと、取りだしが簡単です。
・煮出す時は、弱火で。
 ハーブに対して水の量が少ないので、強火だと蒸発して水分がかなり減ってしまいますので、ご注意。


ぜひ、お試しください~

関連記事:
「5月おすすめハーブブレンド~ゼリー&ジャムレシピも」

**********************************
つくばアロマ教室「くらしアロマ」
中谷順子
AEAJ認定アロマテラピーインストラクター
問合せはこちらの入力フォームから

【募集中】1月:花粉症対策~ハーブティ&マスクスプレー&鼻スースークリーム~
【募集中】1/25 はじめてのアロマテラピー~植物の香りを楽しむサシェ作り~
**********************************


- | 次の10件 アロマ&ハーブ活用法・レシピ ブログトップ